インチャイ☆サプリ (innerchild/supplement)

「小手伸也のよくわかる古事記<第4回>」開催決定!! 2012年4月6日(金)・7日(土)   @キッド・アイラック・アート・ホール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

疑問にお答え!その6

はいどーも。
チケット売れ行きが気になっております!でおなじみ、innerchild小手伸也です。
現時点では初日(8日)が人気のようですね。
これは初日のボリューミーな感じ(脱線具合をコントロール出来ていない俺)を皆さん望まれている、と考えて宜しいのか?!ということはカットの必要なし?!(それはダメ。多分。)

「古事記」の中でも見逃せないエピソード満載となっている今回!
特に「古事記」とか全然分かんねというアナタ!必見です!決して損はさせません!
まだまだ大丈夫ですので皆様よろしゅうお頼み申し上げます!


さて、ご質問いただきました!
お名前いただいてないので、「匿名希望さま」、有難うございます!
ちょっと難易度の高いご質問ですが、逆に公演内では触れられないのでココで解説します!

お雛様の三人官女と五人囃子、
これはアマテラスとスサノオの姉弟対決の際に生まれた、
3人の女神と5人の男神と何か繋がりがあると想像しますか?
お雛様は平安時代からのものらしいですが、五人囃子は江戸時代からのようで。
お雛様は桃の節句と言って繋がりかあるのかな?なんて想像してしまうのですが。


「うけい」の場面ですね。今回の公演内でも触れることになるエピソードです。
ただ、とても謎なシーンなので、ちなみに話を含めても、できるだけ脱線しないように心掛けました。その解説っぷりは劇場でご堪能いただければ、と思いつつ…


「匿名希望さん」の着眼点は非常に面白いですね。雛祭りの起源については、その通りだと認識してます。
ただし、3人と5人の一致については、確たる証拠がありません。
古代日本において、「3」「5」「7」というのは聖数と考えられていました。これは中国からの影響で、その後の陰陽道でも重視されています。
3月3日、5月5日、7月7日といった節句、「七五三」もそうですね。
「古事記」で語られる世界の始まりでも、最初に三柱(造化三神)、次に生まれた二柱を合わせた五柱を「別天つ神」として別格化、その後生まれたイザナギ・イザナミまでを「神代七世」とする、などその影響が割とロジカルに表れています。その他にも色んな個所でその数字を目にします。
そう考えると、この一致は"神話ありき"というよりも"数字ありき"のように思えます。
現に、場合によっては「七人官女」や「七人囃子」もあるようです。


ただし、真向から否定出来ないのも確かです。
京都の市比賣(いちひめ)神社では3月に「ひいな祭り」という行事が開催されます。
schedule_img01.jpg
「ひいな」は「雛」で、やってることは「雛祭り」です。
「女人厄除け」で有名な神社で、御祭神には「うけい」で生まれた三女神が含まれています。
そんな縁のあるこの神社で、わざわざ「雛祭り」を年中行事に取り入れているのは何故か?
この祭りはいつ頃から始まったのか?元祖はどこなのか?「雛祭り」自体の起源についても謎が残ったままである以上、現時点では何とも言えません。

というお答えになってしまいます。(例によって例の結論…)


この「雛祭りの起源と神話の関連」については、実は自分も常々興味を持っていたトコロでして、機会があったらコレで一本お芝居を書きたい、なんて思ってます(^_^;)
謎の自由解釈はフィクションの特権ですからね!


さて前回に引き続き今回も!!「小手伸也のよくわかる古事記」では、
皆様からの『古事記』に関する素朴な疑問・質問を大募集しております!!

※もっとカンタンな質問でもいいんですからね!

 あて先はinfo@innerchild-web.comまでメールか、
 このブログのコメント欄(どこでもOKです)
 もしくは小手ツイッターhttp://twitter.com/KOTEshinya
 まで。どんな些細な疑問でもドシドシお寄せ下さい!待ってます!!


innerchild小手伸也

スポンサーサイト

よくわかる古事記 | コメント:2 |
<<菊岡理紗的『海の時間』 | ホーム | インチャイ☆サプリまであと18日 ♪♪>>

コメント

佳那枝さん経由で質問させていただいたものです。
改めまして「COCO」です。
ブログ楽しく読ませていただいています。

この度は、お忙しい中ご回答くださりありがとうございました。
数字の方に意味があったのですね。
他に身近なもので繋がりがあるのかなど、もう一度古事記を読み直して、想像してみたくなりました。
その前に「アマテラスとスサノオ」楽しみにしています。

この題材でのお芝居も楽しみにしています!!
2011-06-26 Sun 04:00 | URL | COCO [ 編集 ]
有難うございます!
こういうことを知ると何気ない風習とか色々とモノの見方が変わりますよね~。

お芝居の方も頑張って書きます(笑)
2011-06-30 Thu 01:34 | URL | 小手 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。