インチャイ☆サプリ (innerchild/supplement)

「小手伸也のよくわかる古事記<第4回>」開催決定!! 2012年4月6日(金)・7日(土)   @キッド・アイラック・アート・ホール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

皆様のアンケートpart2

ちわっ!
密かに決意したコーラからの卒業(継続3日目)でおなじみ小手伸也でございます。

公演時皆様から頂いたアンケート用紙の質問コーナーに答えていく企画!
今日はその第2回目です。

では間髪入れず参りましょう!小手伸也の古事記一問一答!

匿名さん(?)の質問
ヨミの国と地上が岩ではっきり分かれているという部分が少しイメージしにくいです。「死後」の世界について古事記ではどういう見解なんでしょうか?

あの世への入口は恐らく洞窟のようになっていて、中は黄泉比良坂という一本道に繋がる。その入口を塞いだということです。この構造は当時の埋葬場所としての洞窟、もしくは古墳など墳墓の内部構造をイメージしたメタフィクションだと考えられています。
「黄泉」についてはこのブログでも以前質問がありましたね。過去記事を参照…とさせて頂いて宜しいですか?

Y・Mさん(女性)の質問
古事記と他の神話の共通点に対する小手さんの解釈などあればお聞きしたいです。

そうですね、時間の許す限り公演内で語るように頑張ります!
日本に限らず世界各地で神話に共通点が発生する理由は色々考えられています。ただ、古代世界というものは現代の私達が想像する以上にワールドワイドなコミュニケーションをとっていたと思われます。まさしく人力インターネットですね。この国も当然外国の人や文化と様々なルートで繋がっており、古事記もそのような影響の下で生まれたと考えられます。

K・Mさん(女性)の質問
古事記を元にした有名な映画や舞台など、芸術分野で何かありますか?

古事記はネタの宝庫ですから、探せば色々出てきますよ!
映画だと東宝の「日本誕生」。三船敏郎がヤマトタケルとスサノオの二役を、原節子がアマテラスを演じました。
舞台だとスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」「オオクニヌシ」なんてのもありましたね。(脚本が公演中でもご紹介した梅原猛先生)

匿名さん(?)の質問
稗田阿礼の記憶違いで元々の伝説から変わった話とか無いんですか?

スゲーあると思います(笑)…まぁそれが不可抗力なのか意図的なのかはさておきですが。
当時でも"古事記や日本書紀は嘘だらけだ!"といって自分達なりの神話を作る人達はいました。中臣(藤原)氏から要職を奪われた忌部(斎部)氏の「古語拾遺」なんかが有名ですね。

匿名さん(?)の質問
何故、神である必要があったのでしょう?

政治的指導者が、という意味でしょうか?
この国は基本、宗教的指導者が政治的指導者を兼ねていましたからね。世界で一番偉いのは「神様」で、それは武力どーこーではくつがえらない"真理"でしたからね。そことコネクトできる人間界の代表が一番偉いとされる訳です。

M・Kさん(男性)の質問
古事記は何処で発見されて今は何処に保管されているんですか?

江戸時代の半ば、名古屋の大須観音(真福寺)のお蔵の中で発見されました。
ただしこれは最も古い"写本"で、原本は失われています。今も国宝としてココに保管されています。

同じくM・Kさん(男性)の質問
天皇家には代々古事記を読んで学ぶ習わしがあるのでしょうか?

古事記を読むという習わしがあったかどうかについては、スミマセン分かりません。
天皇即位の際に行われる大嘗祭(だいじょうさい)は"神話をなぞる儀式"とも言われているようですが、なにぶん秘儀とされ謎な部分も多いです。ただ宮中行事は、そもそも厳粛な神道の作法に則って行われているので、その中心的役割を担う天皇が神話について何も知らないということは、絶対的に無いと思われます。



もう長くなることは仕方ないよ!(開き直った?!)
今日のところはこのへんで。またまた次回に続く!


innerchild小手伸也

スポンサーサイト

よくわかる古事記 | コメント:0 |
<<皆様のアンケートpart3 | ホーム | 皆様のアンケートより>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。