FC2ブログ

インチャイ☆サプリ (innerchild/supplement)

「小手伸也のよくわかる古事記<第4回>」開催決定!! 2012年4月6日(金)・7日(土)   @キッド・アイラック・アート・ホール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

疑問にお答え!(第3回アンケートより~その1)

皆様お久し振りです。
早春の訪れに、気持ちが萎える、何故って?
花粉症だからさっ!!
でおなじみ、innerchild小手伸也です。

長らく回答が滞ってしまい大変スミマセン。公演中皆さまから頂いたアンケート用紙内での質問にお答えしていきたいと思います!
守備範囲外からの打球でも全力でキャッチしにいくゼ。
(石巻工キャプテンの選手宣誓は感慨深かったね)
それでは、プレイボール!!


M.Mさん(女性)
男神と女神の振り分けはどうして決めたんでしょう?天皇家は実は女系だと思うんですが、最上がアマテラスだからとも考えられますね。

ど、どうしてと言われるとウームなんですが…古人のセンスでしょうかね。当然当時のリアルな生活からの印象というのもあるのでしょう。日本の神様は圧倒的に男神が多い。男性優位社会ですからね。女神は娘とか妻ポジションが圧倒的。後は巫女ポジションですね。食べ物の神様が女性というのも生活からくるイメージでしょう。
じゃあアマテラスは?太陽は女性?ということになると、実はそうでもなくて、『古事記』成立以前の日本には男の太陽神も一杯いました。それが神話を整理する中で消されたり別ポジションに変更されたりでアマテラスに統一されたという裏事情があったという説が有力です。
それが何故女性なのか?ものすご~く簡単に言いますと『古事記』成立前後が女性天皇の時代だったからです。天皇家が女系か男系については諸説あって何とも言えませんね。少なくとも『古事記』に書かれているような時代まで遡ってしまうと不自然な寿命の天皇とか一杯いますしね(笑)


M.Tさん(女性)
何で目とか鼻から生まれるんですか?何でクシナダ姫を櫛にしたんですか?イザナギとイザナミのように愛は一瞬で憎しみに変わるものですか?

はい、一つ目の質問は第2回で解説しましたが、古代人にとって"目"というのは世界共通で相当に強いモチーフなんですね。魔力の源とでも言いましょうか。世界の始まりの巨人の両目が太陽と月になった、なんてお話も多く、日本神話もそんなパターンの一つと考えられます。ただ"鼻"ってのはかなりオリジナルな展開ですね。両目使っちゃったし鼻でいっか、ってことなんでしょうかね(笑)
二つ目の質問について、これは第1回の時にちょっと触れましたが、櫛には邪を払う効果があると考えられていました。かつて黄泉の国に降りたイザナギも櫛の力を使って追っ手を逃れました。つまりお守りに変えて身に着けたということでしょう。もしくは愛するが故に肌身離さず自らの手で守りたかったのか(ワオ、ロマンティック!)
そして三つ目の質問については、そーですね。そーゆーこともありますよ。三十代も後半になると!


匿名希望さん(?)
『古事記』のキャスティングの話をされていましたが、小手さんはどの登場人物(神)をやりたいですか?

そうですね…タジカラオですね。天の岩戸を開けるだけの神様ですが、そのワンポイント感がたまりません。後はオモイカネとか。知恵の神で神様会議の進行役です。参謀ポジションって好きなんです。スサノオとかオオクニヌシとかヤマトタケルとかは恐れ多いです。そういうのはもっとスターさんにやって頂きたい。


T.Hさん(女性)
八坂神社という名の神社が二千あるのでしょうか?氷川神社は二千くらいありそうなきがするのですが「八坂」はあまり聞かない気がします。

最後のちなみ話でしたスサノオを祀る神社の話ですね。スミマセン実はコレ僕の間違いです!公演中僕は"八坂神社2300+αで氷川神社"みたいな発言をしましたが、この2300(正確には2999社)という数字は両者を併せて『祇園信仰』とした場合の数字です!八坂神社は西日本に多いスサノオ信仰でコレを『祇園信仰』と言います。それを特に関東圏では『氷川信仰』(氷川神社)と呼ぶもので、本質的に両者は同じものなんだそうです。
ちなみ氷川神社は関東圏におよそ250社だそうです。全体の約1/10ですね。



N.Kさん(女性)
ヤマタノオロチ退治で物部氏が関わるという説があるらしいと聞いたんですが本当?

はい、これは『古事記』とは別の本『先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)』なる歴史書が語る話なのでして、"スサノオがオロチを八つに刻むとそれぞれが雷神となって空に昇った、その時の剣が石上神宮に祀られた。"とのことなのですが、この『石上神宮(奈良)』という神社が物部氏縁の神社、更に『先代旧事本紀』自体が物部氏の手によるもの、とのことらしいのです。
『古事記』からは窺い知れない内容も含むこの本が伝える内容、それが真の伝承なのか、物部氏の独りよがりなのか、いずれにせよ中央政府が認める歴史からは排除されてしまったことは確かです。


I.Sさん(女性)
古事記が一般庶民に広まったのは初めからですか?
K.Nさん(男性)
日本書紀が国の正史と言われていることに対して、古事記の持つ意義とは?

ハイ、どちらもおなじみのご質問ですね!良い機会なので今一度復習しておきましょう!

先ず『古事記』!
成立は712年。上中下の三巻セット。
世界の始まりから推古天皇(第33代)の時代までの内容を記述。
稗田阿礼が記憶してきた伝承を太安万侶が記した、とされています。
世界的にも最古級の物語としても有名ですが、その目的は主に天皇に読み聞かせることで支配者としてのアイデンティティを確認してもらう、というもの。国をまとめる者が"何故偉いのか?"を自分の口で説明出来ないと説得力ありませんからね。なので基本的に部外秘。公的な出版物というよりは私文書でした。

対する『日本書紀』!
成立は『古事記』から8年後の720年。全30巻。
世界の始まりから持統天皇(第41代)の時代までの出来事を記述。
舎人親王が編集長となって複数の学者の手によって編纂された、と言われています。
日本最古の「正史」とされており、公的な文書として海外向けに発表されています。中身は完全な漢文体(当時の日本にとってのワールドスタンダード、今でいえば英語)で、記載方法も物語というよりは記事(記録)に近く、私文書としての『古事記』の存在を完全に無視しています。そのため、『古事記』の内容と微妙に食い違う部分も多く、回りくどい伝承や矛盾点を解消しようとしたフシが見られます。ただ記録としての客観性を重視するためか、一部内容が異なる「一書(あるふみ)」と呼ばれる11種類の別バージョンを同時収録しており、結果『古事記』の10倍の冊数になっています。

日本の歴史書といえば、本来『日本書紀』の方がメジャーだったんですが、政治と宗教の問題で「神道」が形骸化し、純粋な信仰を取り戻そうという運動(どこの世界でもおなじみ)の中、発見された『古事記』の写本が注目されるようになって以降、神話研究を行う学者層の中で両者の立場が逆転した、みたいですね。



はい、という訳で今回もブログを一気に文字だらけにしてしまいました。
こんな感じでヨカッタんでしたっけかね??
(久し振り過ぎて力加減が分からなく…)
という訳でまだまだ続きます!次回もお楽しみに!

(…読者の心を折ってませんように…)


innerchild小手伸也


スポンサーサイト
よくわかる古事記 | コメント:3 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。